北海道旭川市でローコスト住宅の実現をお手伝いする「株式会社 旭川セラホーム」

ご 挨 拶

㈱旭川セラホームのホームページをご覧頂きましてありがとうございます。私達は地元に密着した工務店として約30年間、お客様と共に家づくりを行ってきました。私達は一人でも多くの家づくりを夢見る人達が、いい家づくりをしてほしいと願っております。高いお金を払えば、いい家を建てる事が出来る事と思いますが、金銭的なご負担も少なくはありません。ですが安くてもいい家づくりは出来るのではと私達は信じております。家づくりをあきらめてしまう人が少しでもいなくなる様に、私達は安くていい家を作り続ける存在でありたいと考えております。
代表取締役 伊藤有希

キッカケは皆さん同じでは

子供のために、手ぜまになったアパートを出て、お友達も遊びによんであげられるお部屋を持たせたい、実家も老朽化し両親と共に建て替えたい、ペットと共に楽しく暮らしたい。その様に、家を建てられる方には、それぞれ何かキッカケがあって家づくりをお考えになります。理由はそれぞれでも皆さんには共通の思いがあるのではないでしょうか、それは今の住まいに不満があって、それを解消したい、普通に家族が毎日を暮らせる住まいが欲しいのではないのでしょうか。

あなた様はなぜ家づくりをしたいと思われましたか?

今より快適で、家の中は家族の笑い声やあたたかい心がこもっている、そんな理想の住まいが欲しい、そう思われている方が多いのではないでしょうか?だからこそ忘れないでほしい事は、「家を作ること」を目的にするのではなく、家を建てた後に家族が笑い顔になれる家づくりである事を忘れないで家づくりを行ってほしいのです。
 しかし実際に家づくりの打ち合わせなどを進めて行くと、高価な住宅設備などに目がいき、一生に一度の買い物だからと「どうせなら」と欲求に負けてしまう事も少なくはありません。不動産、住宅購入は、高価な買い物であることは誰もが認識しておりますが、1万円、10万円、100万円と、お金の位が錯覚により安く感じてしまいます。ですが1万円はどんな時も1万円です。家づくりにお金をかけすぎて、子供達に良い教育を受けさせてあげられない。毎月の支払いに忙しく追われ、明日への生活に何の得もなく夫婦ケンカしてしまう等、そんな事になってしまったら何の為に家を建てたのかわからなくなってしまいます。

家族と暮らす時間を貴重に考えるから家が必要

私自身も幼少期に両親や兄弟と生活した家での思い出があります。子供ながら一軒家とアパートでの生活に違いを感じておりました。一番の思い出はその家には広すぎる家庭菜園があり、春になると家族で野菜作りを行いました。それは両親の趣味ですから、私にとっては強制労働でしたが、親からは農作業なんて当たり前の慣習だったのでしょう。ですが収穫時期にはジャガイモを掘って収穫したり、野菜をその場で食べたり、今考えると、いい経験だったと思います。現在は解体され、その家はありませんが、両親、兄弟、町内の人達との交流、そこでの生活の記憶は、まさに「ふるさと」になるのでしょう。

私達が考えるいい家とは、家族が仲良く暮らす為にあるもの

家はどんな家を建てても、どこで建てても自由です。
外観のデザインや性能もそれぞれ違います。あなた様のいい家とは何でしょうか?
あなた様の年収や自己資金から計算される精一杯のお金を使って、あなた様が一生を掛けて行うべきものなのでしょうか?ぜひあなた様にあった家づくりの基準を持って下さい。
あなた様が基準をもって見学会にご参加頂く事で、あなた様の家づくりはきっと成功する事と信じております。

事業内容

  • 建物の設計及び管理、建築
  • アパート、店舗高級住宅の企画、設計、建設
  • ローコスト住宅の企画、設計、建設
  • リフォーム、ソーラーハウスの建築、他
その他工事等、お気軽にお問い合せ下さい。

Facebook

2018/05/07 - 4:02 pm

株式会社旭川セラホーム

建物見学に行って来ました。 ... See MoreSee Less

建物見学に行って来ました。

2017/10/06 - 1:26 pm

株式会社旭川セラホーム

米澤社長に工場をご案内頂き、色々なレンガの表情に魅せられました。 ... See MoreSee Less

米澤社長に工場をご案内頂き、色々なレンガの表情に魅せられました。

2017/06/27 - 3:08 pm

株式会社旭川セラホーム

今日は2017年good living友の会 年次大会です。色々勉強してきます。 ... See MoreSee Less

今日は2017年good living友の会 年次大会です。色々勉強してきます。
もっと読み込む
プラン相談無料御見積り
見学会お申込み
無料プレゼントお申込み